あなたに合う指輪ブランドをチェック♪

婚約指輪 デザイン

婚約指輪のソリティア・爪なしタイプはメリットが多い!?

婚約指輪のデザインって
たくさんあって迷いますよね。

婚約指輪といったら
立て爪のソリティア!
と思っていたけど
爪なしデザインを発見!

でも、あまり見たことないし
どうなんだろうと
不安になってはいませんか。

『なにそれダサい!』なんて
友達に思われたくないですよね。

ここではそんな
大切な婚約指輪を後悔せずに
選んでいただくために
爪なしと立て爪ソリティアの
メリット・デメリットについて
解説します。

それを踏まえて最良なリング選び
してみてくださいね。






ソリティア・爪なしタイプの婚約指輪!そのメリットとは

爪なしソリティアにもいくつか
種類がありますので簡単に説明しながら
メリットをお伝えしますね。

埋め込みタイプ

地金(プラチナやゴールド)に
ダイヤモンドが
埋め込まれているデザイン

出典:https://www.brilliance.co.jp/

挟み留めタイプ

ダイヤモンドを
挟んで留めているデザイン。

出典:https://www.iprimo.jp/

メリットは大きく分けて2つあります。

  1. 引っかかりが少なく普段使いしやすい
  2. 控えめでさりげなくつけられる

爪で留めているわけではないので
引っ掛かりが少なく
たくさんつけたいなという方に
オススメです。

さらに爪で留めているものと比べて
落ち着いた控えめな輝
つけることができます。

なので婚約指輪を
さりげなく上品につけたい方にも
オススメしたいデザインです。






爪なしソリティアのデメリットもある?

引っかかりが少なくて
婚約指輪がつけやすいなら
爪なしソリティアにしようかな
思われたかもしれませんが
実はデメリットもあるので
予めお伝えしておきますね。

デメリットは3つあります。

  1. ダイヤモンドの輝きを活かしきれない
  2. ダイヤモンドが揺れるリスクが上がる
  3. 太めのリングが多い

ダイヤモンドはたくさん光を集め
輝きを放ちますが
埋め込みの場合
ダイヤモンドの側面は
地金に覆われてしまうため
輝きが落ち着いてしまいます。

せっかく品質のいいダイヤモンドを
選んでも少しもったいないとも
言えます。

そして、挟み留めのタイプは
立て爪とは違い2点でダイヤモンドを
留めているので
ダイヤモンドを留めている強度としては
少し弱いんです

爪で留めているものよりも
ダイヤモンドが揺れやすい
というリスクがあるので
少し気を使う必要があります。

すべてではありませんが
ダイヤモンドを埋め込んだり
挟んで留めるにはリングの幅が
適度に必要になるため
リングが太めのものが多いです

指を華奢に細く見せたい方には
太めのデザインはオススメできないです。

立て爪ソリティアのメリット・デメリット

次は王道の立て爪ソリティアの
メリット・デメリットです。

婚約指輪といったら
立て爪ソリティアを想像する方は
とても多いと思いますが
メリットは3つあります。

  1. ダイヤモンドの輝きを最大限活かせる
  2. 強度がある
  3. 誰が見ても婚約指輪だとわかる

埋め込みのタイプとは違い
立て爪タイプはダイヤモンドの横からも
光を集め、輝いてくれるので
ダイヤモンドの輝きを
最大限活かすことが出来ます。

そして4本や6本の爪で
留めていることが多く
強度もあります。

あとは何と言っても
誰が見ても婚約指輪と分かる
王道のデザインであることです

彼と婚約したんだという実感も湧きやすく
友達や職場の方々にも
「婚約したの!?」と注目されること
間違いなしです。

逆にデメリットですが2つあります。

  1. 服に引っかかりやすい
  2. 高さがある為ぶつけないか不安になる

当然細かな爪で
ダイヤモンドを留めていますので
爪が服にひっかかりやすいです。

特に冬場のニットは心配ですね。

立て爪はリングの部分から
少し高い台座に
セッティングされるので
慣れるまではその高さに
気を付ける必要があります。

満足?後悔?爪なしソリティアの婚約指輪の口コミ・評価

ここでは実際に
爪なしソリティアの婚約指輪を
購入した先輩花嫁たちの
口コミを紹介します。

ぜひご参考に。

引っかかりが少ないソリティアタイプだから使いやすく、毎日つけてます。大満足です。

爪がないので目立ちすぎず上品な印象でつけられ、とても気に入っています。

引っかかりにくいのでたくさんつけていたら、ダイヤモンドが揺れてしまい、留め直しをしてもらいました。こんなことなら爪留めにしておけばよかった。

周りの友人があまりつけていないデザインにしたかったので、選びました。それに引っかかりもなくつけやすいです。

やはり引っかかりが少ないのは
メリット大のようですが
少なからず指輪のつけ方には
注意が必要なようですね。






ソリティアの婚約指輪!爪なしor立て爪どっちが人気?

メリット・デメリットについて
お話しましたが
実際はどのタイプの婚約指輪が人気なの?と
気になりますよね。

実は圧倒的に立て爪なんです。

いろいろなリスクを含めても
やっぱり王道の立て爪ソリティアは
不動の人気なんです。

もちろんライフスタイルや好みに合わせて
爪なしソリティアを選ばれる方もいます。

世間の女性たちの
リアルな声の記事はこちら。

⇒婚約指輪で立て爪は古い?世間の女性の本音を調査してみた

実際どう感じているかについて
詳しく記しています。

立て爪のデザインも載せているので
イメージも膨らみますよ。

爪なしソリティアの婚約指輪!普段使いに最適なカラット数は

デメリットの際にも記したように
ダイヤモンドの大きさに合わせて
リングの太さも変わってきます。

なので普段使いでしたら0.3ct前後
オススメです。

さらになるべく目立たせたくないし
つけやすい大きさがご要望でしたら
0.2ct位がオススメです。

カラットを決める際には
まずこちらをどうぞ。

⇒婚約指輪のカラットの平均は?サイズ別のメリット・デメリット

ダイヤが大きくなれば当然
爪の高さも高くなるので普段使いの事を
考慮して大きさ選びもしてみて下さい。






婚約指輪のソリティア・爪なしタイプのデザインを一挙紹介

立て爪ソリティアの婚約指輪が
根強い人気ではありますが
引っかかりが少ない
爪なしタイプ
デザインを他にもご紹介しますね。

▼透かしが入っているので重くなり過ぎないデザイン


出典: https://zexy.net/

▼センターのダイヤモンドが際立つ、包み込むような温かなデザイン


出典:https://zexy.net/

▼プラチナを贅沢に使用した重厚感があるデザイン


出典:https://zexy.net/

▼ダイヤモンドが埋め込まれているデザイン


出典:https://zexy.net/

▼イエローゴールドのデザイン


出典:https://zexy.net

まとめ

いかがでしたか。

爪なしソリティアは引っかかりが少なく
つけやすいようですね。

ただ、王道の立て爪ソリティア
ずっと人気なのも事実です。

きっとそれは立て爪ソリティアが
女性の永遠の憧だからなのかも
しれませんね。

婚約指輪はつけっぱなしに
することはないですし
つけ慣れてくれば
引っかかりも気にならなく
なるかもしれませんね。

最良の婚約指輪に
出会えますように。






ABOUT ME
田宮 満理奈
ブライダル業界、約15年在籍。 ジュエリーコーディネーター検定3級を取得し、うち約7年間ブライダルジュエリーのアドバイザーとして勤務。 結婚のタイミングだけでなく、一生涯付け続けていただけるものを一緒に選ぶことが自分のやりがいとなりました。 お二人のライフスタイルや手のかたち、雰囲気、こだわり、好みなど、お二人の最良なリングを一緒に選ぶお手伝いをしていました。 そしてリング選びのお手伝いだけでなく、ブライダル業界長年の経験や結婚・出産・育児の経験を元に、お二人のこれからの悩みや不安なことに相談にのることも多かったです。 そんなリング選び以外のお話もしながら、自分の働いているブランドや自分のファンがどんどん増えていくことがとても嬉しかったです。 一生涯つけていただくものだからこそ、後悔なく最良なリングに出会えるお手伝いをライターとして発信していきたいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA